20201203_たった3つの習慣化でできること

 

 例えばコミュ二ケーションについて、その理論や技法や習得に多くの時間とお金を費やすよりは(そのこと自体を否定しませんが)現に多くの人たちが自らの習慣としていることに学び、それを共有化することのほうが、よほど効率的で実践的ではないかと思います。

 

<例>コミュニケーションに関するたった3つの習慣

 

 ・先ず聴くこと(肯定的受容と積極的傾聴、共感的に聴く、対話的に聴く…)

 ・相手の脳裡に絵を描くように伝える(あの手この手で「伝える」工夫を…)

 ・言いたいことは相手の口から(自分が言いたいことが相手の口から出てくるように…)

 

<例>モチベーションに関するたった3つの習慣

 

 ・本人の「こうしたい」「こうありたい」を引き出す…

 ・肯定する、期待する、支援する…

 ・出来なくても責めない

 

<例>成長の促進に関するたった3つの習慣

 

 ・目をかけ、気にかけ、声をかける。

 ・本人の「こうしたい」「こうありたい」を引き出す…

 ・待つ(もういいと、思う時間の3倍待つ)

 

<例>組織マネジメントに関するたった3つの習慣

 

 ・判断と選択(何が正しいか、何をすべきかを選び取る)

 ・方向付け(それを人と組織に指し示す)

 ・動機付け(それに向けて人と組織を動機付ける)

 

<例>円満な人間関係を築くためのたった3つの習慣

 

 ・悪く思わず、悪く言わず

 ・怒らず(感情に流されず)、侵さず(人格不可侵)、怠らず(人間修養を怠らず)

 ・否定・批判・非難しない(どこまで「肯定」できるかとことんやってみる。)

 

… どんな「テーマ」であっても良い。それぞれが「自分が実践しているたった3つの習慣」を持ち寄り、披瀝し合えば、どんな立派な先生の理論や講義より、よほど良いと思うのですが…