20200422_マスクの自由と不自由

 

 この国は、既に1か月以上もの長期にわたって、マスクひとつ自由に買えない国なのでしょうか。台湾では、政府が強制的にマスクを買い上げて国民に無償で配布し、そうした政府の対応が国民に支持されている、と聞きます。

 

 マスクが買えない不自由があるのは、マスクを買い占める自由があるからです。いくら製造しても末端の流通の手前で自由に買い占められてしまうからでしょう。政府がそれを禁じたり、政府が買い占めて配布しないかぎり。

 

 困っている人に30万円を配るのが良い政府なのか、全員に10万円を配るのが良い政府なのか。全員に10万円を配り、困っている人に20万円を追加するのが最も良い政府だと思います。受け取る・受け取らない・寄付する等々は個々人の判断と選択次第です。

 

 … いったい、自由な社会とはどのような社会なのでしょうか。自由経済・資本主義の社会がほんとうに自由な社会なのか、マスクを買い占めて転売利益を得ることが自由なのか。計画経済・社会主義の社会がほんとうに不自由な社会なのか。

 

 自由経済・資本主義の自由の経験や歴史と、計画経済・社会主義の不自由の経験や歴史に学び、そこから成長することにしか、「解」が無いように思います。「自由」は普遍的な価値ですが、未だ実現途上にあるように思います。