20201014_一緒に仕事をしたい人

 

1.採用選考の「極意」は…

 

 筆者は職業柄、採用面接に携わることが多かったのですが、その際の「極意」は何か(究極的に言えばどういう人を採用すれば良いか?)と問われれば、「この人となら、一緒に、仕事をしたいと思える人を選ぶ」と答えます。

 

2.一緒に仕事をしたいひと

 

①仕事の意義や目的や価値を共有化できるひと

 

 どんな仕事でも、何らかの意義があるはずで、それ通じて達成しようとする目的や、実

現しようとする価値があるはずです。そうした、仕事に対する意義観や目的観や価値観をより多く共有できる人と一緒に仕事がしたいと思います。

 

②違いを受容し、認め合えるひと

 

 他方、人にはそれぞれの仕事の手法や習慣や流儀があるので、「T & PDCA」の Target や Planまでなら共有化しやすいのですが、Do-Check-Action となると共有化が難しいものです。しかしそうした「実務感覚」の違いを受容し、認め合える人と一緒にしたいと思います。

 

③「私のこころ」よりも「公のこころ」のひと

 

<つづく>