20170312_カルロス・ゴーン氏に学ぶこと~「結果」を出すことが「信用」の条件~

 

1.カルロス・ゴーン氏のリーダーシップ

 

 カルロス・ゴーン氏が日産自動車の救世主としてマスコミに登場したとき、マスコミでは「コストカッター」としての紹介が主流であったように記憶していますが、今では「グローバル・ビジネス・リーダー」の代名詞です。

 

 同氏がリーダーシップを語る言葉からは、「結果を出し続ける」ことがリーダーとしての認知と信頼を得るための絶対条件である、と言っているように読み取れます。(「カルロス・ゴーンの経営論 グローバル・リーダーシップ講座 」日産財団)

 

 これに対しては、「結果が出さえすれば何をやっても良いというわけではない」とか「結果も大事だがプロセスも大事…」という言い方・考え方があるかも知れませんが、同氏の言葉は、もちろんそれらを踏まえた上での「結果主義」だと思います。 

  

2.一般論では何も解決しない

 

 カルロス・ゴーン氏は現役の経営者ですから、さすがに評論家のような「一般論」も「べき論」も言いません。「私は〜しました。」「私は〜します。」としか言わず、そこから何を学び、何を行うかは我々次第です。

 

 湯川秀樹氏は「過去を言うように未来を言え」と弟子たちに訓えたそうです。ゴーン氏も「将来の結果にコミットする。」ことをリーダーの条件に挙げています。「〜すべきだ。」でも「〜なるだろう。」でもなく、「私は〜します。」「~になります。」です。

 

 評論家のような「一般論」や「べき論」では何も「解決」しません(「只だ論壇の科におくべし」)。仕事は「評論」でもなく、「作業」でもなく、「解決」なのです。おそらくゴーン氏は、「解決」という「結果」を積み上げてきた人なのだろうと思います。

 

<この稿の参考文献>

「カルロス・ゴーンの経営論」(日産財団)