20171214_組織立ち上げの基本

 

1.組織づくりをする上で最も基本的で重要な事項

 

 組織づくりをする上で最も基本的で重要な事項は、組織が達成しようとする目的や実現しようとする価値を定義するということだと思います。そしてその目的の達成や価値の実現を協働的に行おうとする人たちを組織化することです。

 

2.組織的協働は組織構成員のコミットメントによって成り立つ

 

 組織構成員には、組織的協働を通じて組織の目的を達成し、組織の価値を実現するために「自分は何をするか」というコミットメントが求められます。それは財産や労力や信用等の「何を出資するか」ということと同義です。

 

3.目的や価値へのコミットメントもない組織は組織ではない

 

① 法的な「会社」とは違い、一般的な「企業」は「労務に服して賃金を得る」多くの「従業員」から成り立っており、必ずしも全員がその企業の目的や価値を共有化し、その達成や実現にコミットしているわけではないのが現実でしょう。

 

② 「企業」の価値や目的は究極的には「経済的利益」に還元されるとしても、その「利益」は、社会的・人間的な目的を達成し、価値を実現してこそ得られるのでしょうから、「従業員」に目的や価値へのコミットメントを求めるのは間違いではありません。

 

③ 人事労務管理における「組織」に関する悩み事や困り事は、悩み事や困り事になっている対象の「組織(企業や職場)」が、(1)や(2)にいう「組織」になり切っていないという点にあるような気がします。

 

 ・ 例えばなぜ組織構成員の動機付けに悩んだり困ったりするのか?

 ・ 例えばなぜ組織構成員の育成(成長の促進)に悩んだり困ったりするのか?

 ・ 例えばなぜ組織構成員の適性や能力に悩んだり困ったりするのか?

 ・ 例えばなぜ組織構成員の言動や態度に悩んだり困ったりするのか?

 ・ 例えばなぜ組織構成員のコミュニケーションに悩んだり困ったりするのか? 

 ・ 例えばなぜ組織構成員の協調性や協働性に悩んだり困ったりするのか? 

 

 そういう悩み事や困り事があるとしたら、それはその組織が(1)や(2)にいう「組織」になり切っていないから(組織構成員が組織構成員になり切っていないから)ではないでしょうか?

 

<追記事項>

 

 せっかく共通の目的や価値のもとに集結したはずの政党が短い間に四分五裂してしまうのは、実は目的や価値が共有化されていないこと、またその達成や実現の方法についての共有化が不十分であることなどが理由だと思います。

 

 「企業や職場」が政党ほど簡単には四分五裂しないとしたら、その目的や価値にそれほどこだわらない(?)からであり、その「従業員」が「企業や職場」に依存的・従属的だからでしょうか…(それは「企業や職場」にとって良いことなのでしょうか?)