20180902_マネジメントは無駄の省き方

 

1.組織の中は無駄だらけ

 

 「会議の無駄」はよく言われるとおりで、①時間通りにさえ始まらず、②何が論点かさえ明確でなく、③決まったことさえ守られない、そんな会議は何人もの貴重な時間の、何倍もの無駄以外の何ものでもありません。

 

 また、「綱引き理論」はよく知られるとおりで、チームのパワーはメンバーのパワーの総和以上ではありえず、むしろ相互の「サボタージュ」によって、ほぼ常にその総和を下回る

ものでしかありません。

 

 報告・連絡・相談の基本的なコミュニケーションさえ不十分で、ましてや組織的な目標の達成や価値の実現に向けたコミットメントさえ引き出せないようでは、「組織的」であることがまるで「非効率」と同義にさえ思えることさえあります。

 

2.組織の無駄を省くこともマネジメントのひとつの側面だが…

 

 マネジメントとは本来、組織の目標の達成や価値の実現のためにデシジョンし、人と組織に指し示し、人と組織を動機付けることです。しかし現実的には、上記のような「無駄」や「サボタージュ」や「非効率」を防ぐという側面もあります。

 

 しかし…総じてこうした組織の「無駄」を省けば、ある程度まで組織の「効率」が成り立つものの、その「無駄(と、誰かが判断するもの)」を完全に排除したところに、そもそも「組織」自体が成り立つでしょうか?

 

 成り立たない、と筆者は信じます。誰かには「無駄」であっても、誰かには「無駄」ではないから。お互いの「無駄」をある程度許容し合わない限り、「観念としての組織」は成り立ち得ても、「生身の人間どうしの組織」は成り立たないからです。