20181104_36協定の様式変更

 

36協定の様式変更_2019年4月1日から使用

第145回労働政策審議会労働条件分科会 H30.8.9

資料No.1-1…特別条項がない場合の様式
資料No.1-2…特別条項がある場合の様式

ダウンロード
36協定_特別条項なし.pdf
PDFファイル 163.1 KB
ダウンロード
36協定_特別条項あり.pdf
PDFファイル 266.5 KB

<主な変更点>

①「特別条項なし」の様式と「特別条項あり」の様式に分けた。

②「法定労働時間を超える時間数」以外に「所定労働時間を超える時間数」の欄を追加。

③「時間外労働及び休日労働を合算した時間数の上限」欄を追加。

 (時間外労働及び休日労働を合算した時間数は、1か月について100 時間未満でな

  ければならず、かつ2~6か月を平均して80時間を超過しないこと)

<特別条項がある場合>

④「臨時的に限度時間を超えて労働させることができる場合」欄には、できる限り具体

  的な理由を記載することとした。

⑤「1か月の期間」については休日労働を含む時間数、「1年の期間」については休日労

  働を含まない時間数を書き分けることとした。

限度時間を超えて労働させる労働者に対する健康及び福祉を確保するための措置」

  の欄を設けた。