20190513_より本質的な働き方改革<2>

<より良く(より人間らしく)働こうとすることの本質的意味>

 

1.人間の歴史は「より人間らしく」生きようとする人たちによって発展してきた。

 

 ① 思うに、人間社会の歴史は、人間による「より人間らしさ」の獲得よりと実現の歴史です。それぞれの時代のそれぞれの体制や構造に、あるいは順応し、あるいは抗いながら、それぞれに精いっぱい「より人間らしく」生きようとした人たちの歴史です。

 

 ② 何が「より人間らしい」かは、それぞれの時代に精いっぱい「より人間らしく」生きようとしたそれぞれの人間自身が知っており、それは必ずしも絶対的・一元的・理論的な真理のようなものではなく、もっと相対的・多元的・直感的なものであるように思います。

 

 ③ そして歴史上のそれぞれの時代に出現したそれぞれの体制や構造は、それぞれにおいて「より人間らしい」要素を、旧来のそれらに比較してより豊かに獲得し、実現しようとしたからこそ旧来の体制や構造を覆して出現し、存続しえたのだと思います。

 

 ④「資本制」という体制は「封建制」より「より人間らしい」体制だったからこそ、「賃労働」は「農奴制」より「より人間らしい」要素があったからこそ、旧来の体制や構造の中から、それを根底的に覆すものとして出現し、今日まで存続しえたのでしょう。

 

 ⑤ そして「資本制」も「賃労働」も「資本が人間に奉仕する」のでなく「人間が資本に奉仕する」という本質的に非人間的な要素を持ち、やがてはその体制や構造の中で「より人間らしく」生きようとする人たちの手によって克服されるべきです。

 

2.資本制や賃労働の中でも精いっぱい「より人間らしく」生きようとすること。

 

 ① 例えば「働き方改革」は、政府や労組や企業がそれぞれにどのような意味合いを込めようが込めまいが、それが「より人間らしい」働き方の獲得や実現を指向するものならば是であり、そうでないなら非です。

 

 ② 例えば過去の多くの「労働運動」はもっぱら「賃上げと時短」を獲得し実現して来ましたが、「賃上げと時短」が「より人間らしい」労働の全てではなく、「より人間らしい」働き方の獲得と実現こそが今後の最大の課題だろうと思います。

 

<より主体的に働くこと>

 従属的でも服従的でもなく、より内発的かつ主体的に働くこと。(そのためには働く側に相当の「知的資本の蓄積(=自立した「職業」としての知識や経験や能力の獲得)」が必要でしょう。

<より社会的に働くこと>

 そもそも企業は資本の増殖や利潤の獲得だけが唯一の目的でなく、それぞれの社会的・人間的な価値の実現こそが目的であるはずです。その実現にコミットした働き方になっているかどうかが問題です。

<より協働的に働くこと>

 他の人間を排除したり、争そうように働くことが「より人間らしい」働き方だとは誰も思わないでしょう。「お互いがより良く働けるように働く」働き方こそが「より人間的な働き方」であるはずです。