アカデミックとストリート

(または「アカデミックの知恵とストリートの知恵と力」)

 

1.「アカデミーの秀才」より「ストリートの天才」

 

 いわゆる「学校秀才」が、事が済んだ後にあれこれ体系的な理論を展開し、「~すべきであった」と言うのは、半分役に立つが半分役に立たない。将来に向けて「あるべき論」を説くのは良いが、過去に向けて「あるべき」論を説いて批判しても半分はもう役に立たない。

 

 太平洋戦争(大東亜戦争)が当時の我が国の「国策(国家運営の基本方針)の誤り」であったことは現政権下でも認める通りであり、当時においてさえその誤りを指摘する人は多かったはずです。むしろ当の軍部の中にこそ、そうした人は多かったはずです。

 

 ではなぜその英知が現実の国策に反映されなかったのか、その英知を持った人たちが少数で無力だったからか、なぜ多数で有力たりえなかったのか、要するに、アカデミック(学堂・理論)の力がストリート(大道・実践)の力に圧倒されたからでしょうか…?

 

2.完璧な理論より直感(直観)と確率

 

 国家が戦争を選ぶのは、「戦う前から負けるのがわかっていた」と後付けで言えるほど簡単なものでも単純なものでもなかったはずです。「ひょっとしたら勝てるかも知れない」でもなく、「戦えば勝機は必ずある」という強い信念だったのだろうと思います。

 

 もちろん、根本的には明治維新以来の「軍事立国」という選択肢の…いやそれさえやはり後付けの綺麗ごとであって(当時のドイツなら「技術立国」、米国なら「経済立国」であり得たはず…)、「軍事立国」がやはり「のっぴきならない」現実の選択肢だったのかと…

 

 現実はアカデミックだけでは動かない。それは多くの場合後付けの一般論でしかなく、現実に処するための「見識(予見)」でしかない。現実は、当の本人たちが「感じて・信じて・行なう」ところのもっとバイタルなストリートを行く「パワー」がなければ動かない…

 

<追記事項_20211005>

 

 迅速で積極果敢な行動には「直観(直観)」が大いにモノを言うとは思いますが、もちろんそれはファクトとデータと経験と…結局はアカデミックに裏付けられた論理や見識や卓見や先見があってこそ「確率」の高い「「直観(直観)」たりうるのでしょうけれど…

 

3.学びて行わざれば…

 

 結局は「学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆し」ということでしょうか…先賢の教えや歴史の教訓、アカデミックに学ぶことの上に、自らの試行錯誤と七転八倒と四苦八苦と赤恥青恥からストリートに学ぶことではじめて「パワー」になるのでしょう。

 

 そしてその「パワー」はひとりのものだけでなく、多数の有力なものにならなければ現実は動かない。アカデミックは決してストリートを軽んじず、ストリートは決してアカデミックを軽んじてはならない。時代の趨勢に抗するには「共同戦線」以外に現実解がない…

 

 <つづく>