自己管理と相互支援は組織の原理 ☆

 

1.ストレスチェックにおける「自己管理と相互支援」

 

 企業に実施が義務付けられているストレスチェックの最大の注目点のひとつは、「仕事が自己管理できているか?」という点と、「周囲(上司・同僚・部下・顧客・利用者・その他関係者)」からの支援を受けているか?」という点だと思います。

 

 つまり、仕事の自己管理度が高いほどストレスは生じにくい。つまり、どういう仕事をどこでいつどういう方法でやるかやらないかについての自己決定権や自己裁量度が高ければ高いほどストレスは生じにくく、低ければ低いほどストレスは生じにくいのです。

 

2.組織の原理としての「自己管理と相互支援」