7_6.Education(成長の促進)

(1)個人の成長段階

 

 仕事をする上での個々人の成長については、既述のとおりです。

参考:「人と組織が成長するということ」

 

①人の成長の第一段階 

… 具体的な指示に基づいて職務を遂行するレベル(遂行レベルまたはエントリーレベル)。この段階における人と組織の関係は「従属的関係」である。

 

②人の成長の第二段階

… 包括的な指示と自らの判断のもとに職務を遂行するレベル(判断レベルまたはメンバーレベル)。この段階における人と組織の関係は「主体的関係」である。

 

③人の成長の第三段階

… 職務上の判断と指導が主な職務となるレベル(指導レベルまたはリーダーレベル)。この段階における人と組織の関係は「主導的関係」である。

 

(2)組織の成長段階 

 

 仕事をする上での組織の成長については、以下のような三つの「成長段階」をイメージできます(2_2 成長で人と組織の何が変わるか?)。こうした「成長段階」を意識した組織の成長を促進することが課題の第二です。

 

①人の成長の第一段階 

… 具体的な指示に基づいて職務を遂行するレベル(遂行レベルまたはエントリーレベル)。この段階における人と組織の関係は「従属的関係」である。

 

②人の成長の第二段階

… 包括的な指示と自らの判断のもとに職務を遂行するレベル(判断レベルまたはメンバーレベル)。この段階における人と組織の関係は「主体的関係」である。

 

③人の成長の第三段階

… 職務上の判断と指導が主な職務となるレベル(指導レベルまたはリーダーレベル)。この段階における人と組織の関係は「主導的関係」である。

 

(3)人と組織の成長を促進するマネジメント

 

  企業においては「人の成長を促進すること」と「組織の成長を促進すること」は、同義かつ同時であると筆者は考えています。詳細は、既述「人と組織の成長を促進するマネジメント」の稿をご参照下さい。