2018年問題_有期雇用から無期雇用への転換

 

有期労働者の無期転換ポータルサイト_厚生労働省

http://muki.mhlw.go.jp/overview/business.html

 

 労働契約法の改正により有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申し込みによって無期労働契約に転換されるルールが導入されました。平成25年4月1日に施行され、平成30年4月1日から労働者による無期雇用転換の申し込みが始まります。

 

 有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合は、有期契約労働者の申込みにより期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換させる仕組みを設けることにより、有期労働契約の濫用的な利用を抑制し労働者の雇用の安定を図ることとした(労働契約法第18条)

 

  同一の使用者との間で、有期労働契約が通算で5年を超えて反復更新された場合は、労働者の 申込みにより、無期労働契約に転換します。 但し、通算契約期間のカウントは、平成25年4月1日以後に開始した(始期のある)有期労働契約が対象です。

 

<以下、主なQ&Aから>

http://muki.mhlw.go.jp/qa/

 

① 「通算期間」のカウントはいつから?

… 平成25年4月1日以後の当該有期雇用契約の始期(当該契約が有効となる最初の日)から。契約が更新される場合は更新後の契約の始期からです。

 

② 「労働者による無期雇用転換の申し込み」が始まるのはいつから?

… 平成25年4月1日以降に開始した有期労働契約の通算契約期間が5年を超える場合、その期間の初日から末日までの間、いつでも無期転換の申込みをすることができます。

 

③ 「無期雇用転換の申し込み」によって当然に無期雇用契約に転換するのか?

…  無期転換の申込みをした場合、申込時の有期労働契約が終了する日の翌日から、無期労働契約となります。

 

④ 「無期転換前の雇用契約の条件」と 「無期転換後の雇用契約の条件」は同じ?

… 給与や待遇等の労働条件については、労働協約や就業規則、個々の労働契約で別段の定めがある部分を除き、直前の有期労働契約と同一の労働条件となります。

 

<筆者追記事項>「同一労働同一賃金」の適用はどうなる?

… 無期フルタイム雇用と有期・パートタイム雇用等との間の不合理な待遇差の解消についてはガイドライン案のとおり。(無期雇用転換後の待遇格差解消は当然の前提と解します。)