言動と態度の合理的選択 ☆

20211205記

 

 人間は「ものごと」に接して、それぞれにさまざまな「感じ」や「思い」を抱くのだと思いますし、そうした「刺激」への条件反射的な反応も含めて、そうした「感じ」や「思い」に基づく「言動」や「態度」をさまざまに「選びとる」のだろうと思います。

 

 筆者が常々思うことは、そうした「感じ」や「思い」と、それに基づく「言動」や「態度」との間には、一定の「合理性」や「思考回路」があるほうが良いだろう、というごく当たり前のことです。

 

 「合理性」というのは、「論理性」と「情理性」という意味です。その「行動」や「態度」の選択が、人間的な「理」と「情」にかなっているか、ということです。その「ものごと」に対してそうした「言動」や「態度」の選択が、「理」と「情」にかなっているか。

 

 「思考回路」というのは、たとえばそうした「言動」や「態度」が因果となってもたらす相手や周囲への影響や変化にあらかじめ想定し、配慮することができるかどうかということです。そういう思考プロセスが「感じ」や「思い」と「言動」や「態度」の間にあるか。

 

<続く>