人事マネジメントコラム集_働く人たちは誰でも哲学者だ

 

 人生の最も輝かしい時期を費やして「働く」ことが、「労務に服して賃金を得る」ことに留まっていたままで良いはずがありません。「生きる」ことに「より良く生きる」こと以外に「解」は無く、「働く」ことに「より良く働く」以外の解は無いと、筆者は信じます。

 

 このコラム集は、筆者が企業の人事労務管理の業務に30年近くも従事し、その後個人事務所を立ち上げて主に医療機関向けの組織人事マネジメント支援に携わってきたときどきの思いを、まさに徒然なるままに書き綴ったものです。

 

 生きることや、働くことに思い悩むみなさんに少しでも共感をもってお読みいただけるなら幸いです。「良いね!」とお思いになった点があれば、ぜひどうぞご自身の「働く哲学」に吸収してしまって下さい。(そうでもなかったら優しく読み飛ばして下さい。)