相手の立場と視点で仕事する ☆

 

<追記事項_20211215>

 

 どんな仕事にも「相手」となる「人」がいると思います。対人的な仕事だけでなく、対物的な仕事であってもそれを使う「相手(人)」が必ずいる。結局、仕事の価値は、そのにいる「相手(人)」の身になってどこまで努力や工夫や配慮ができるかだと思います。

 

 相手(人)の「身になって」というのは、「身につまされて」という感覚が良いと思います。「自分や自分が大切な人が相手(人)ならどう感じ、思い、望むか…」です。人間関係においても「相手(人)が大切にしていることを大切にする」ことが基本ですよね…。

 

<以下原文>

 

 基本的な仕事のしかたでいちばん大切なことのひとつは「いかに相手の視点でものごとを発想し、配慮し、工夫するか…」だと、筆者は思います。たとえば通知文や依頼文や謝罪文や報告書や…文書ひとつ書くときにも、そこに「相手の視点」があるか無いかだと…

 

① なぜか…あらゆる仕事には「相手」と「仲間」がいるから(「自分ひとり」で完結・成就する仕事なんてほぼあり得ないから…)

 

 ほぼすべての仕事には「相手」があるからです。「仲間」がいるからです。よほどの独創的天才であっても、その仕事には、ほぼ例外なく「相手」や「仲間」がいる。それを無視して(相手や仲間の視点からの発想をしないで)はほぼいかなる仕事も成り立たない。

 

② 相手の「視点」というか、相手の「立場」というか、要は相手の「ナラティブ」に立つ

ということ、そこからお互いのナラティブに橋を架けあうということ…

 

 それは総じて相手の「ナラティブ」に立って、と言う方が良いかもしれません。相手がなぜそのように感じ、そのように思い、そのように言い、そのように選ぶか…それを相手になり切ったかのように想像しながら仕事をすすめると、必ずいい結果(アウトカム)が…

 

③ どうやってそれを「知る」かって、結局、一般的に言えばコミュニケーションとイマジネーションによって…(お互いのナラティブの間の対話によって…)

 

 相手を見て(観て)いるか、誠実健全な興味関心があるか、謙虚と尊重の問いかけ声がけ語り掛けがあるか、そこに対話が成立するか、想像や配慮があるか…そうしてやっとひとつでもふたつでも信頼があるか…

 

<追記事項_20211207>

 

 パナソニック(松下電器)の創始者で、「経営の神様」と言われた松下幸之助氏に、「祈るような気持ちで人事を行う」という言葉があります。「特に本人にとってつらい人事を行うときは三日三晩その人のことを考える」という趣旨の言葉があります。

 

 筆者も人事業務に何十年も携わってきて、この言葉をとても大切にしています。人事発令を行うときはもちろん、例えば給与計算ひとつ行うときも、その人のことやその人の家族のことなどを思い浮かべながら、行き届いた、丁寧な仕事をしようと思います。

 

<追記事項_20210802>

 

④ 争いごとも「相手」次第…

 

 例えばパワハラ争いも、結局のことろ「相手次第」だと思います。日常的に、お互い「相手」に、いったいどんな関係性を築いてきたかです。「パワハラ問題など起こり得ない」関係も多くあり、「いつパワハラ問題が起きるか分からない」関係性も多くあります。

 

⑤ 仕事の価値も「相手」次第…

 

 当たり前すぎるとは思いますが、自分がどんなに「頑張って」も、肝心の「相手」の価値観に響かなければ意味がありません。「打てば響く」とは限りません。そこは普段のコミュニケーションとイマジネーションしかありません。

 

⑥ 結局コミュニケ―ションも「相手」次第

 

 当たり前すぎるとは思いますが、同じ言動や態度がどういう意味や文脈で伝わるかも、要は「相手」次第だと思います。

 

 ・概ね同じ意味なら「相手」の言葉を使いましょう。

 ・概ね同じ考えなら「相手」の意見を採りましょう。

 

(「概ね」という言葉は、大切なキーワードです。)

 

<別稿>

 

 相手の立場や視点でより多くのことに気付き、配慮し、これを尊重し、自分の手間を惜しまない人であればあるほど、自分や相手や仲間にとっても「良い仕事」ができるに違いないし、できればそういう人たちと「一緒に仕事をしたい」と、筆者は願います。

 

1.相手の「理解」に気付き、これを形成すること

 

  たとえば一方的にまくしたてるような説明や報告では、相手には分からないし、通じま

 せん。自分が言うことよりも、相手が理解することのほうに焦点を当て、「相手の脳裡に

 絵を描く」ような言い方をしないと、相手には伝わりません。

 

  同じ意味なら平易で一般的な言葉で、または相手の言葉で言うことです。また、相手の

 理解に合わせて、相手と会話しながら言うことです。自分が言いたいことが相手の口から

 出てくるようでないと、相手に伝わったか、理解できたかどうかはわかりません。

 

2.相手の「感情」に気付き、これに共感すること

 

  その「ものごと」に対して、相手がどのような「感情」や「思い」を抱いているのか、

 肯定か否定か、理解か疑念か、信頼か不信か、受容か拒否か、安心か不安か、などなど、

 単に「事実」や「論理」だけでなく、相手の「感情」や「思い」にも配慮すべきです。

 

  相手のさまざまな「感情」や「思い」は、「事実」や「論理」に複雑にからみつく糸の

 ようなものです。先ずはこれに「共感」することが大切です。無理に「否定」したり「排

 除」したりしようとすると、相手は「理解」や「協力」の扉を閉ざしてしまいます。

 

3.相手の「事情」に気付き、これを支援すること

 

  相手の状況におかまいなく、電話でいきなり自分の用件をまくしたてる人がときどきい

 ますが、全く論外です。(まるで相手が受付か苦情の、自分専門の執事でもあるかのよう

 に…。)

 

  相手には自分からは見えない様々な「事情」や「状況」があります。分かっていてもで

 きない、やむにやまれぬ「事情」や「状況」があるのです。そのことへの気付きと気配り

 と支援が無ければ、相手は早々に心のシャッターを閉ざしてしまうでしょう。